災害時、持ち出し用のバッグには何を入れる?

いつどこで誰が使う防災バッグ

避難生活最重要アイテム

頻発する地震、あちこちで起こる水害など、本当に天災が多い日本。
災害に備えるのは、この国に住む私達にとっていかに重要で、急務であるかという事を常々考えさせられます。
災害の種類や規模によって、必要な防災グッズも違ってきます。
しかし、基本的に用意しておきたいものは変わりません。
また、実際に被災した人からの生きた情報で、便利に使えるアイテムもわかってきました。
防災グッズは、命を守るもの、救助時に役立つもの、避難生活に必要なもの、を用意しなくてはなりません。
その上で必要最低限に留めなければ、重すぎて持ち運べずに意味がなくなってしまいます。
関連商品はそのニーズに応えるように、軽くて丈夫になったり、コンパクトになったりと、進化しています。
特に食料に関しては、生きていくために食べるというよりも、手軽に美味しいものを食べることができるように進化しています。
種類や味も豊富で、食事に関しては不自由さを感じない程です。
あとは自分がどう準備するか、意識するかの問題です。
テレビやネットでも様々な防災グッズや防災セットが紹介されていますが、実際に役に立たなければ無駄なだけですから、よく考えて揃えることが必要です。
また、家族に赤ちゃんやお年寄り、ペットがいる場合も、それぞれで準備しておかなければいけません。
特にペットは、避難所によって扱いが違ってくるので、お住いの自治体に確認しておくことも大切です。
じゅうぶんな情報収集の上で、必要なアイテムを準備していきましょう。

使えるものを持ち出したい災害グッズ

避難先で必ず必要になるものがあります。 水と食料、そしてトイレです。 生きるためにまずは用意しておかなければいけないものです。 どこに避難するのか、避難先に何が揃っているのかわかりませんから、自分たちのものはできるだけ用意しておきたい必需品ですよね。

非常時であることを意識して

赤ちゃんや高齢の方は、最低限のアイテムでは足りないことも多いです。 普段の生活で必要なものを揃えておくことは勿論ですが、いつもは使っていないものも念のため用意することを考えてみましょう。 想定外の事態でも対応できるようにしておけば、精神的にもゆとりができます。

有力な情報と想像力

基本的な防災グッズは勿論ですが、あると便利なもの、使い道がいくつかあるものといった、実際の被災者の情報を参考にすることは、とても重要です。 実際に被災した時を想定して考えましょう。 何をどう使うのか想像すると、本当に必要なものが見つけやすくなります。